車買取を下取りで済ませると大損するって本当?

車を買い替える時には買取をしてもらうか、下取りをしてもらうかで迷う人もいると思いますが、実は下取りは買取に比べて大損することがあると言われています。その理由はどのようなことがあるのでしょうか。

まず車の下取りの明細をチェックしてみると、さまざまな費用が掛かっていることがあります。査定手数料や登録変更手数料などが明細上に記載されていることがあります。この点を販売店に確認してみると、これらは事務処理上必要な費用です。という説明を受けることが多いようです

。一方、車買取店の場合にはこのよな手数料が取られることはほとんどありません。車買取店は現在苛烈な競争によって、手数料などをとっていしまうとライバル会社に負けてしまいますので、手数料を取る会社というのはほとんどありあません。

販売店の下取りはその後の転売コストなどをしっかりと見込んで査定をしますので、比較的査定額が低いと言われています。逆に買取店は転売コストがとても少ないので査定額が高額になり安くなっています。

この点などを考えてみると、下取りの方が安く買い取りの方が高く売却が出来るため、下取りは大損をすると考えられています。

車の査定額は各社の状況によって大きく変化するので、少しでも高く売るためには複数の業者で査定して比較することが重要なのです!

引用:車下取り!【警告】下取りに出してしまうと30万円以上損する可能性も!

 

オートオークションの相場は?

オートオークションはいわゆる業者間での取引となります。一般の人は参加できない仕組みとなっているわけですから当然そうなります。

オートオークションの相場は車をユーザーから買ったり下取りした車が出品されるわけですから、当然ながら売りに出されている価格は買い取り業者の手数料などが乗った形での金額設定になっています。つまり、整備もされているでしょうから買取った価格よりも高くオークションに出品されていると言うことです。

一方、車を購入するという立場からオートオークションの相場を見て行きますと店頭で販売されている中古車の価格は販売業者の手数料的なものも含まれているわけですから、仕入れ元であるオークションでの価格はそれよりも当然安いと言うことになるのです。

最近ではオークションに代行業者を通じて一般の人でも参入が出来るようになってきました。

すぐに売れなかった場合などは手数料などのリスクも発生するようですが新しい車の売買の方法として注目をされています。なお、オートオークシュオンの相場はネットなどでも検索をすることが可能となっています。

車を売却した後のキャンセルは可能ですか?

車を売却した後にキャンセルできるかどうかは、その車両がどのように処理されているかによって異なります。

買取り業者としては車の保管コストをなるべく安くしたいので、買取り直後からオークション出品や店頭販売の処理に取り掛かります。

オークションに出品していたり、次の買取り手に売却してしまった後であればキャンセルは不可能です。しかし名義変更や移転登録もせずにただ保管している状態であれば、買取り業者にとっても実害がないので契約をキャンセルすることはできます。

この場合でも、買取った車の清掃や整備を済ませた後なら、必要な経費を請求されることもあります。売買契約書にキャンセル可能な期日や違約金を明示していることがありますので、事前に確認しておけばトラブルを避けることができます。

一定期間であれば売買契約を解約できるクーリングオフ制度も、中古車の売買には適用されませんから注意が必要です。このように売却をキャンセルするのは売り手買い手ともに得をすることはありませんから、査定をもらっても即決しないで十分に考えてから契約するのが賢い方法です。

自動車保険の見直し方

最近、テレビのCMで自動車保険料が安くなる!って見かけますが自動車保険料は平均5万円前後、8万円未満ではないでしょうか。

ちょっと前は自動車保険は代理店が多く、車は欲しいが、保険料がバカにならず出来れば安く済ませたいと私も思っていました。しかし最近では通販型の自動車保険が出回り、自動車保険が安くなると言うのです。自動車保険の内容は一緒でも保険料は保険会社によって差があり、サービスや特徴も様々です。

代理店の自動車保険は担当者と対面でアドバイスを受けながら補償内容を検討でき、手続きはほとんど代行してくれるのでとても便利です。通販型は代理店にかかる様々な経費を抑えることが出来き、インターネットを使い必要な補償内容だけを選び、入力するだけで見積りや加入することが出来ます。

この違いで自動車保険料を大幅に安くすることができると言う訳です。このことから年々、自動車保険の見直しをされる方が増えており保険料を安く抑えているんですね。

自動車保険の見直しの理由の多くは保険料ですが、代理店と通販型にもメリット・デメリットがありますから、保険料もしかりですが、事故対応や保険金請求の対応など安心できる保険会社を選ぶことが大切です。

自動車保険の割引制度

自動車保険には実は色々な割引制度が存在します。まずは契約の形態による割引制度です。

運転免許証がゴールドカードであると4~10%の割引があったり、運転する人が家族に限られている場合に5%の割引があったり、運転する人の年齢を制限することで35~60%の割引が発生したり、複数台の保険契約での5~15%の割引、長期契約者向けの5~10%の割引などが存在します。

また、保険対象の自動車によって安全装置の有無によっても割引がされる場合があります。ABS搭載なら5%の割引が運転席にエアバックが装備されていると10%の割引が、助手席にも運転席にもエアバックが装備されていると15%の割引があったり、環境対策者には3%の割引が、盗難防止装置であるイモビライザーが装備されていると5%の割引が、横滑り防止装置の装備で5%の割引があるといった具合です。

これらの内容は自動車保険の保険会社によって割引される場合やそうでないもの、割引率が違う場合なども存在しています。

保険契約の際にきっちりと確認しておくことが大切です。自動車保険は細かいところまでチェックしていくと安く出来る方法は何通りかあるということなのです。

車査定のコツとは?

車査定のコツ、つまりいかにして自分の車を高く査定してもらうかというコツについてはいくつか存在します。まずは、査定をしてもらう前に準備をしておくことですが、査定前には車を外装も内装もきれいにしておきましょう。やはり大切に使っていた車とみなされるのは大きなプラスポイントとなるようです。

あとは日頃から内装を汚さないように心がけて乗ることが大切です。また、車を売るタイミングも大切です。売却すると決めたらなるべく早く売ってしまったほうが高く査定額が付きます、現在乗っている車がモデルチェンジで新型車が出る予定がある場合は新型車が出る前に売ってしまったほうが高額査定を期待できるようです。

実際に査定を買取り業者などにお願いするときは複数の業者に査定をお願いしましょう。1社だけだと比べる基準がありませんので、複数社に査定をお願いしたほうがベストです。その際にはネットでよく見かける中古車一括買取査定などを利用すると良いです。

できれば、一度に複数社に見積もり査定に来てもらって買取り額を競ってもらうほうがより高い査定額がでてくる可能性が大です。

車査定ですぐに 契約を勧められたらどうすればいいですか? 

車査定で、たまにすぐに契約を勧められることがあると思います。こういった場合、私たちはどのように対応すればいいのでしょうか。これは、ケースバイケースで対応も異なってくると思います。もし、そのお店の提示する価格が、自分が今まで査定に出したお店が提示した価格よりも高いのであれば、その場で契約してしまうのもありでしょう。

しかし、まだまだこれからほかのお店で査定をしてもらう予定があるのであれば、きっぱりと断るべきです。

さもないと、ほかのお店の方が高い可能性もあり、かなりのお金の損失を出してしまったことになりかねないのです。ですので、まだまだ購入する予定がないのでしたら、きっぱりと理由などをも添えて買い取りの契約を拒否することが大事になって来るでしょう。

もし、車の査定で突然、すぐに買い取りの契約を求められましたら、あなたの置かれている状況によって取るべき対応もかなり異なってくることを念頭に査定を申し込みましょう。具体的に、そのお店の提示価格が今まで自分が申し込んだお店よりも高いのであれば契約してもいいでしょうし、逆にまだまだこれから申し込むのでしたらきっぱりと拒否しましょう。

車の下取りをする場合手続きは簡単?

今乗っている愛車を、下取りに出すとき、
手続きが複雑そうで不安を覚える方もいらっしゃるかと思います。

普通だと業者が代行してほとんどの手続きをしてくれるので、
車のことを何も知らない方でもほとんど心配はありません。

また、車を下取りに出す際にはディーラーで車の売却から購入まで
1つのディーラーで済ますことができるの車の買取に比べてとても手続きが簡単です。

しかし、もちろん自分で用意しなくてはならない書類があります。
車検証、自賠責保険証明書、印鑑証明書、実印、
自動車納税証明書は、自分で用意をします。

あとは業者が書類の用意も、手続きもしてくれるのが通常の下取りです。
また、余談になりますが、事務手数料などの名目で請求をされることは、本来ならありません。
そのような費目を請求してくる業者は注意したほうがよいといえます。

自動車税についてですが、業者が下取りした車を即他の都道府県に売り、
名義変更をした場合と廃車になったときは、その年度の自動車税の残金が戻ります。

しかし、あなたと同じ都道府県に売られた場合、残りの自動車税をどうするのかを決めておきましょう。
また、自動車税の支払いはタイミングが関わってきます。

年度の終わりに下取りに出すときは、次年度分の自動車税を払わなくてはならなくなる可能性があるので、
業者とよく話しあっておくといいととてもスムーズに車を売ることができると思います。

中古車一括査定ってどんな方法?

中古車一括査定とは自宅に居ながらにして複数の業者から査定を受けることができ、
しかも、車種名など簡単な入力のみで査定額が簡単にわかるサービスです。

従来では少しでも高く車を売るためには自分で複数の業者で査定をしては交渉をして、
違う車買取り業者に行っては査定をして交渉をしての繰り返しでした。

しかし、それでは大切な休日をつぶしてしまいますし、本気で高値で買い取ってもらおうと思えば
一日で複数の業者を回ることは到底できません。

その後、車の買取業者に何件も回っているうちに交渉等面倒臭くなって、
『この値段なら売っちゃえ』と諦めてしまうことも予想されます。

しかし、中古車の一括査定を利用することで自宅に居ながら2,3分で
あなたの車の査定額がわかるので自分で査定に行く必要が無いんですね。

しかも、中古車一括査定の特典というわけではありませんが、
中古車買取業者が訪問してあなたの車を査定しに来てくれるので手間いらずです。

このように、中古車の一括査定は車を少しでも高く売るためには必須の画期的なサービスなので、
車のを買い換えようかな、車を売ろうかなと考えている人は一度試してみるのが良いでしょう!

まずは中古車買取相場を把握することが高額買取の第一歩!

車の買取をする際に中古車の買取相場を知らなければ、
 車を売る際の交渉で上手く買取業者に言いくるめられてしまいます。

 そのため、まずは以下のサイトであなたの車のおおよその査定額を調べていただき、
 このサイトでどうしたら高く売れるかを参考にしてみてください!

しかし、ここで注意が必要です!

今調べた価格はおおよその良好な状態での平均値であり、
各社の車の在庫量、得意な車種や季節によって査定額は大きく変化します!

例えば、ワンボックスカーは夏に人気が出ますが、冬と比べると30万円位の差が出たり、
同じ車でも各社の在庫量でガリバーでは40万円、ラビットでは70万円なんてことはよくあります。

このように私たちには中古車買取業者の中古車買取相場がわからないので、
少しでも高い金額で売るためには複数の業者で査定をすることがすごく重要です!

しかし、色々な中古車業者を回るのはかなり時間がかかりますしとても大変です。
それに口べたな方には交渉はかなり厄介なものになるでしょう。

おススメなのが自宅に居ながら複数の業者に交渉せずに一番高い金額で売れる車の一括査定です!