自動車保険の割引制度

自動車保険には実は色々な割引制度が存在します。まずは契約の形態による割引制度です。

運転免許証がゴールドカードであると4~10%の割引があったり、運転する人が家族に限られている場合に5%の割引があったり、運転する人の年齢を制限することで35~60%の割引が発生したり、複数台の保険契約での5~15%の割引、長期契約者向けの5~10%の割引などが存在します。

また、保険対象の自動車によって安全装置の有無によっても割引がされる場合があります。ABS搭載なら5%の割引が運転席にエアバックが装備されていると10%の割引が、助手席にも運転席にもエアバックが装備されていると15%の割引があったり、環境対策者には3%の割引が、盗難防止装置であるイモビライザーが装備されていると5%の割引が、横滑り防止装置の装備で5%の割引があるといった具合です。

これらの内容は自動車保険の保険会社によって割引される場合やそうでないもの、割引率が違う場合なども存在しています。

保険契約の際にきっちりと確認しておくことが大切です。自動車保険は細かいところまでチェックしていくと安く出来る方法は何通りかあるということなのです。

コメントを残す