車の下取りをする場合手続きは簡単?

今乗っている愛車を、下取りに出すとき、
手続きが複雑そうで不安を覚える方もいらっしゃるかと思います。

普通だと業者が代行してほとんどの手続きをしてくれるので、
車のことを何も知らない方でもほとんど心配はありません。

また、車を下取りに出す際にはディーラーで車の売却から購入まで
1つのディーラーで済ますことができるの車の買取に比べてとても手続きが簡単です。

しかし、もちろん自分で用意しなくてはならない書類があります。
車検証、自賠責保険証明書、印鑑証明書、実印、
自動車納税証明書は、自分で用意をします。

あとは業者が書類の用意も、手続きもしてくれるのが通常の下取りです。
また、余談になりますが、事務手数料などの名目で請求をされることは、本来ならありません。
そのような費目を請求してくる業者は注意したほうがよいといえます。

自動車税についてですが、業者が下取りした車を即他の都道府県に売り、
名義変更をした場合と廃車になったときは、その年度の自動車税の残金が戻ります。

しかし、あなたと同じ都道府県に売られた場合、残りの自動車税をどうするのかを決めておきましょう。
また、自動車税の支払いはタイミングが関わってきます。

年度の終わりに下取りに出すときは、次年度分の自動車税を払わなくてはならなくなる可能性があるので、
業者とよく話しあっておくといいととてもスムーズに車を売ることができると思います。

コメントを残す