車買取を下取りで済ませると大損するって本当?

車を買い替える時には買取をしてもらうか、下取りをしてもらうかで迷う人もいると思いますが、実は下取りは買取に比べて大損することがあると言われています。その理由はどのようなことがあるのでしょうか。

まず車の下取りの明細をチェックしてみると、さまざまな費用が掛かっていることがあります。査定手数料や登録変更手数料などが明細上に記載されていることがあります。この点を販売店に確認してみると、これらは事務処理上必要な費用です。という説明を受けることが多いようです

。一方、車買取店の場合にはこのよな手数料が取られることはほとんどありません。車買取店は現在苛烈な競争によって、手数料などをとっていしまうとライバル会社に負けてしまいますので、手数料を取る会社というのはほとんどありあません。

販売店の下取りはその後の転売コストなどをしっかりと見込んで査定をしますので、比較的査定額が低いと言われています。逆に買取店は転売コストがとても少ないので査定額が高額になり安くなっています。

この点などを考えてみると、下取りの方が安く買い取りの方が高く売却が出来るため、下取りは大損をすると考えられています。

車の査定額は各社の状況によって大きく変化するので、少しでも高く売るためには複数の業者で査定して比較することが重要なのです!

引用:車下取り!【警告】下取りに出してしまうと30万円以上損する可能性も!

 

コメントを残す