月別アーカイブ: 2016年5月

車査定のコツとは?

車査定のコツ、つまりいかにして自分の車を高く査定してもらうかというコツについてはいくつか存在します。まずは、査定をしてもらう前に準備をしておくことですが、査定前には車を外装も内装もきれいにしておきましょう。やはり大切に使っていた車とみなされるのは大きなプラスポイントとなるようです。

あとは日頃から内装を汚さないように心がけて乗ることが大切です。また、車を売るタイミングも大切です。売却すると決めたらなるべく早く売ってしまったほうが高く査定額が付きます、現在乗っている車がモデルチェンジで新型車が出る予定がある場合は新型車が出る前に売ってしまったほうが高額査定を期待できるようです。

実際に査定を買取り業者などにお願いするときは複数の業者に査定をお願いしましょう。1社だけだと比べる基準がありませんので、複数社に査定をお願いしたほうがベストです。その際にはネットでよく見かける中古車一括買取査定などを利用すると良いです。

できれば、一度に複数社に見積もり査定に来てもらって買取り額を競ってもらうほうがより高い査定額がでてくる可能性が大です。

車査定ですぐに 契約を勧められたらどうすればいいですか? 

車査定で、たまにすぐに契約を勧められることがあると思います。こういった場合、私たちはどのように対応すればいいのでしょうか。これは、ケースバイケースで対応も異なってくると思います。もし、そのお店の提示する価格が、自分が今まで査定に出したお店が提示した価格よりも高いのであれば、その場で契約してしまうのもありでしょう。

しかし、まだまだこれからほかのお店で査定をしてもらう予定があるのであれば、きっぱりと断るべきです。

さもないと、ほかのお店の方が高い可能性もあり、かなりのお金の損失を出してしまったことになりかねないのです。ですので、まだまだ購入する予定がないのでしたら、きっぱりと理由などをも添えて買い取りの契約を拒否することが大事になって来るでしょう。

もし、車の査定で突然、すぐに買い取りの契約を求められましたら、あなたの置かれている状況によって取るべき対応もかなり異なってくることを念頭に査定を申し込みましょう。具体的に、そのお店の提示価格が今まで自分が申し込んだお店よりも高いのであれば契約してもいいでしょうし、逆にまだまだこれから申し込むのでしたらきっぱりと拒否しましょう。

車の下取りをする場合手続きは簡単?

今乗っている愛車を、下取りに出すとき、
手続きが複雑そうで不安を覚える方もいらっしゃるかと思います。

普通だと業者が代行してほとんどの手続きをしてくれるので、
車のことを何も知らない方でもほとんど心配はありません。

また、車を下取りに出す際にはディーラーで車の売却から購入まで
1つのディーラーで済ますことができるの車の買取に比べてとても手続きが簡単です。

しかし、もちろん自分で用意しなくてはならない書類があります。
車検証、自賠責保険証明書、印鑑証明書、実印、
自動車納税証明書は、自分で用意をします。

あとは業者が書類の用意も、手続きもしてくれるのが通常の下取りです。
また、余談になりますが、事務手数料などの名目で請求をされることは、本来ならありません。
そのような費目を請求してくる業者は注意したほうがよいといえます。

自動車税についてですが、業者が下取りした車を即他の都道府県に売り、
名義変更をした場合と廃車になったときは、その年度の自動車税の残金が戻ります。

しかし、あなたと同じ都道府県に売られた場合、残りの自動車税をどうするのかを決めておきましょう。
また、自動車税の支払いはタイミングが関わってきます。

年度の終わりに下取りに出すときは、次年度分の自動車税を払わなくてはならなくなる可能性があるので、
業者とよく話しあっておくといいととてもスムーズに車を売ることができると思います。